前へ
次へ

腰痛を治したいときは医療機関を受診しよう

腰痛の辛い症状を抱えているとき、改善したくて整体や鍼灸治療を受けようか、病院を受診しようか迷うことがあるかもしれません。もちろん治療院で施術を受けるのも間違った選択ではありませんが、まずは病院を受診して医師に原因を見極めてもらうことが重要です。一言で腰痛といっても、ぎっくり腰や坐骨神経痛など様々なものがあります。医師の診察で原因がわかれば、自分に合った治療を受けて改善することが可能です。また、病院を受診した方がいいもう一つの理由は、椎間板ヘルニアや内臓の病気からくる痛みの可能性があるからです。膵炎や腎盂炎、子宮内膜症といったものにも腰痛を引き起こす場合があると言われています。レントゲン検査や問診、必要に応じてMRI検査を受けることで、自分が抱えている腰の痛みの原因が何かを診断してもらえます。病気の場合は早期発見、早期治療に結びつきますので、腰の痛みが長く続いているときは早めに病院を受診して医師の診察を受けましょう。ちなみに、受診する際は、どこがどのように痛むのかなど、現状を正しく伝えることが大切です。

Page Top