前へ
次へ

腰痛になりにくい生活習慣

腰痛になる人とならない人はどこが違うのでしょうか。太っていると腰痛になりやすそうに見えますが、実はそうとも限りません。腰痛になるかならないかは個人の骨格もありますが、生活習慣によるものが多いようです。例えば、いつも硬い床に座っているとどうしても下半身の筋肉がこわばります。また足を崩して座っていると骨盤が歪み、それも腰回りの筋肉を緊張させてしまいます。昔の日本人は足も短く、畳の生活にあった体格をしていましたが、現代人は足も長くなり重心も変わって来ています。床に直接座るのではなく、椅子やソファに座るほうがいいでしょう。畳生活ならばきちんと正座をするようにすれば筋肉に負担をかけません。また、姿勢も重要です。いつも猫背で首を突き出すように座っていると、骨盤が後ろに傾きます。ソファや椅子に座る時も、骨盤を立てて真っ直ぐ座るようにしましょう。この姿勢は腰痛だけでなく肩こりや体のたるみも予防してくれます。

Page Top