前へ
次へ

腰痛は自己判断で放置は禁物

腰痛を感じたとき、自己流で揉んだり温めたりしてしまうかもしれませんが、実は自己流で対策を行なったり、放置をしてしまうと悪化や慢性化してしまう可能性もありますので、痛みを感じたら病院などへと診察へ足を運ぶことが大切です。悪化などを避けるといった意味でもありますが、腰痛というのは実は他の病気から生じる痛みである可能性もあり、単に腰痛だから我慢をしていたらいいかと放置をしていることはあまりよくありません。痛みが生じるというのは多くの場合が疲労や使いすぎや凝りなどなのですが、他の病気を発症しているケースもありますので、痛みが長く続くような場合には検査をすることが必要です。放置をしていて痛みが治まったと安心していたとしても、実は麻痺しているだけで痛みの根源が眠っている状態であるかもしれませんので、何かのきっかけで痛みが蘇ってくれる可能性もあります。そのため、きちんと医療機関で治療を受けてしっかりと治癒しておくことが必要です。

Page Top